- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

予選勝者のベッカーが優勝◇オルディナ・オープン男子

男子テニスツアーのオルディナ・オープン男子(オランダ/スヘルトヘンボシュ、賞金総額45万ユーロ、芝)は土曜日に決勝戦を行い、予選から勝ち上がったB・ベッカー(ドイツ)が主催者推薦枠で出場のR・スロイター(オランダ)を7-5, 6-3で下し、見事、優勝した。予選勝者の優勝は今季初めてのことで、ベッカーは優勝賞金7万1700ユーロを獲得した。

試合後、ベッカーは、対戦相手のスロイターが866位だったことについて「ランキングのことについて考えすぎると、緊張してしまう。また芝のコートでは選手間の実力差はそれほど顕著ではない。彼(スロイター)はすばらしい選手。チャンスは彼にもあった。僕も予選勝者だったから、彼もチャンスがあると思って試合に臨んだと思うよ。」と話している。

28歳のベッカーにとって決勝進出は2007年のバンコクの大会以来、キャリア通算2度目のことで、今回がツアー初優勝となった。今大会でのドイツ人の優勝は1992年のM・シュティヒ(ドイツ)以来のこと。

今季、予選勝者による決勝進出はデルレイビーチのE・コロレフ(ロシア)、イーストボーンのF・ダンチェビッチ(カナダ)、そして今回のベッカーと、3人になっている。

ベッカーは決勝までに第1シードのF・ベルダスコ(スペイン)、第4シードのR・シュトラー(ドイツ)を下していた。この日の決勝では、第6ゲームで2度のブレークポイントを握ったもののそれを不意にしてしまったベッカーだが、第12ゲームでスロイターのサービスをブレークし、第1セットを先取する。

第2セットに入ると、ベッカーが第2ゲームでブレークに成功。そのままリードを守りきり第2セットも奪うと、1時間15分で決勝戦に終止符を打った。

ベッカーは「いいプレーができた。出だしがよくて、驚いた。サーブもよく、フォアハンドで積極的に攻撃できた。最初から自信があった。」と試合を振り返っている。

ベッカーはサービスの調子がよく、第1サーブが入ったときに失ったのはわずか5ポイントだった。ブレークポイントにも直面せず、絶好調だった。

ベッカーは先週のハレの大会でツアー初のベスト8入りを果たしており、好調を持続している。今季は8勝3敗で、このうち7勝が芝のコートでのもの。

一方、敗れた31歳のスロイターは、史上最低ランキングでの優勝を狙ったが、惜しくも準優勝に終わった。

スロイターは「大変な1週間だった。ハッピーエンディングではない夢のようだね。負けたことにはがっかりしている。チャンスがなかった。ベッカーの調子がよかった。第1セットはよかったけど、第2セットでは力を持続できなかった。」と肩を落とした。

「でも今大会のおかげで(チャレンジャーのような下部大会ではなく)ATPツアーにそのままでれるようになったのはうれしいね。」

スロイターはツアーで過去、3度にわたって準優勝しており、悲願の優勝を狙ったが、今回も惜しくも準優勝に終わった。

(2009年6月21日14時26分)
その他のニュース

10月26日

【告知】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

10月23日

波乱 第1・2シードが初戦敗退 (16時50分)

望月慎太郎、野口莉央破り8強へ (15時54分)

528位ベルグス 敗退も「自信」 (15時05分)

35歳シモン8強「大変だった」 (13時47分)

土居美咲 3時間超え死闘制し8強 (12時26分)

サバレンカ、ガウフ下し8強 (11時45分)

トップ10入り後初戦は快勝 (10時05分)

コロナ感染後の復帰戦は黒星 (8時55分)

西岡良仁 逆転勝ちで8強へ (5時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!