- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ブライアン兄弟のマイクが最長記録をさらに更新◇全豪オープン

男子テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会10日目の23日、ダブルスの準々決勝が行われ、第1シードのB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組がD・ブラッチアリ(イタリア)/ L・ドロウィー(チェコ共和国)組を6-3, 7-5のストレートで退け、今大会6度目の優勝へ向けてベスト4進出を果たした。

第1セットは、ブラッチアリ/ドロウィー組に1度もブレークポイントも与えなかったブライアン兄弟は、1度ブレークに成功し、このセットを先取する。第2セットは両者1度ずつのブレークを分け合い、ゲームカウント5−5からの第11ゲームでブライアン兄弟が2度目のブレークに成功、続くゲームをサービスキープして67分でゲームセットとなった。

現在、ダブルスランキングで1位のマイクは、昨年は1位在位308週を記録し、最長記録を現在も更新中。10月の北京大会での優勝が自身84回目のダブルスタイトルとなり、これはオープン化以降最多だったT・ウッドブリッジ(オーストラリア)の83回を抜いて歴代1位に躍り出た。

昨年ブライアン兄弟は、ロンドンオリンピックの金メダル、全米オープンの優勝含め7大会で優勝。今季もシドニーでの全豪オープン前哨戦からシーズンをスタートさせ、その大会でも優勝を飾る幸先の良いスタートを切っていた。

ブラッチアリは今大会自身初のベスト8入りで、一方のドロウィーはこれが2度目の準々決勝進出だったが、ベスト4入りとはいかなかった。

ブライアン兄弟は準決勝で、J・S・キャバル(コロンビア)/ R・ファラ(コロンビア)組を1-6, 6-4, 6-3の逆転で下したS・ボレッリ(イタリア)/ F・フォニュイーニ(イタリア)組と対戦する。

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年1月23日19時04分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!