- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

混戦の日本勢、伊藤がベテラン近藤に敗れる波乱<北京国際チャレンジャー>

男子テニスツアーの下部大会である北京国際チャレンジャー(中国/北京、7万5千ドル、ハード)は11日、シングルス1回戦と2回戦が行われ、第4シードの伊藤竜馬(日本)がベテランの近藤大生(日本)に4-6, 3-6のストレートで敗れ、初戦敗退となる波乱に見舞われた。

ITFフューチャーズで活躍し勢いに乗っている30歳の近藤大生は、先週行われた柏フューチャーズで単複優勝を飾ったばかり。その近藤大生は、伊藤竜馬に1度のブレークポイントも与えず圧倒し、シードダウンを演じての初戦突破を果たした。

前日の悪天候の影響から、この日は各選手がダブルヘッダーを強いられることとなった。

近藤大生は続く2回戦を行ったが、K・ヘンセル(オーストラリア)から1セットアップで迎えた第2セットの途中、ヘンセルが棄権を申し出たため、勝利を決めることなくベスト8進出を果たした。準々決勝で近藤大生は、第8シードのC・ルンカット(インドネシア)をフルセットで下したJ・ナ(韓国)と対戦する。

第2シードの添田豪(日本)もこの日シングルス2試合をこなし、1回戦でY・チャン(中国)を6-4, 6-2の快勝で、2回戦でZ・リー(中国)を6-1, 6-3で圧倒しシードの威厳を見せてベスト8進出を決めた。

第6シードの守屋宏紀(日本)はN・チリック(セルビア)を6-4, 6-2の快勝で下し2回戦へ、関口周一(日本)はB・オウヤン(中国)から4-6, 6-3, 6-4の逆転勝利をものにし2回戦へ駒を進め、守屋と関口が2回戦で対戦することとなった。

日本人対決となった守屋宏紀と関口周一の対戦は、両者2試合目にも関わらず3時間を超える大接戦となり、勝負の行方はファイナルセットまでもつれた。

最終セット、シードの意地を見せた守屋宏紀が、関口周一の2度あったブレークポイントを全ておさえ、逆に1度のブレークを奪い、6-4, 6-7 (3-7), 6-3のフルセット、3時間7分の激闘の末で勝利を収めた。

その守屋宏紀は続く準々決勝で、添田豪とシード同士の日本人対決となる。

第1シードで出場しているルー・イェンスン(台湾)も順当に8強入りを決め、続く準々決勝では、第5シードのD・ウーと対戦する。

■関連記事■

《「苦しかった」添田豪がみせた世界9位との戦い<ウィンブルドン>》

《添田豪と伊藤竜馬が好発進、本戦出場に期待<ウィンブルドン>》

《近藤大生が単複制覇、ベテラン対決制す<柏フューチャーズ>》

《関口周一が内山 靖崇下し優勝<札幌フューチャーズ>》

《関口周一が優勝<軽井沢フューチャーズ>》

(2013年7月11日22時35分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!