- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレーが手術決断で今季絶望、復帰は来季か

男子テニスで世界ランク3位のA・マレー(英国)が来週月曜日に腰の手術を受ける事を決め、タイ・オープン、楽天ジャパン・オープン、上海マスターズのアジア3大会へ出場する予定だったが、その全てをキャンセルすると同時に、今後のスケジュールについても白紙の状態である事がわかった。

ウィンブルドンで1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりとなる悲願の地元優勝を果たす快挙を達成したマレーは、その前に行われた全仏オープンを腰の痛みから欠場し、ウィンブルドンに向けての調整期間にあてていた。

その腰の痛みは、ここ数年に渡りマレーを苦しめているもので、イギリスで最も古いタブロイド紙であるデイリー・メールのマイク・ディックソン氏がマレーの手術について自身のツイッターで以下のように語った。

「アンディ・マレーは、“小さい”腰の手術を受けるために、アジア大会を欠場する事になり、もしかすると残りのシーズンもそうなるかもしれない。」

マレー本人もイギリス時間19日の夜に「今日はたくさんの素晴らしいメッセージをくれて本当にありがとう。月曜日に手術を受ける。その後の経過は追ってお知らせする。さらに強くなって戻ってくる。」と、力強く自身のツイッターでコメント。

今季最後のグランドスラムである全米オープンでは、ディフェンディング・チャンピオンとして臨んだマレーだったが、準々決勝でS・ワウリンカ(スイス)にストレートで敗れ、大会2連覇とはならなかった。

しかし、その翌週となる先週末に行われた男子国別対抗戦デビスカップでは、ワールドグループ復帰をかけたプレーオフにイギリス代表として出場しクロアチアと対戦。

マレーはシングルスで2勝、C・フレミング(英国)と組んでダブルスにも出場し勝利を飾るなど、イギリスのワールドグループ復帰に大きく貢献していた。

その大役を果たしたマレーが、今度は自身が抱えている怪我の治療へ大きな決断を下した。

イギリスのジャーナリストで長年マレーの取材を続けているシモン・キャンバーズ氏も「アンディ・マレーの手術についての報道規制が解けたようだ。マレーはこの冬に全てトレーニングに時間を費やして全豪オープンへ向けて、万全の体調になる事を望んでいると言えるだろう。」と語り、アジアシーズン以降の試合への出場の可能性も否定していた。

楽天ジャパン・オープンでは第1シードで出場が予定されていたマレー。手術後の経過と今後の予定に注目が集まる。


■関連記事■

《連覇の夢途絶えたマレー、チャンス掴めず完敗<全米オープン>》

《フェデラー「かなり落胆」「必ず強くなって戻ってくる」<全米オープン>》

《錦織、マレーら出場選手発表<楽天ジャパン・オープン>》

《マレーが告白「とてもショック、自信もなくなっていた」》

《悲願の全英初優勝マレーを信じ続けたコーチのレンドル<ウィンブルドン>》


■関連動画■

《芸術的なバックハンドを放つ天才ガスケを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.187》

《歴代王者が集結した華やかな式典を特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.186》

(翻訳・記事/弓削忠則)
(2013年9月20日11時19分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!