- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

初V逃すもさらに進化した錦織

男子テニスツアーのブリスベン国際男子(オーストラリア/ブリスベン、ハード、賞金総額494,310ドル/優勝賞金8万ドル)に単複共に出場していた世界ランク5位の錦織圭(日本)は、シングルスを大会3年連続ベスト4、ダブルスではATPツアー初の準優勝を果たして開幕戦を終えた。

今大会のシングルスに第2シードで出場となった錦織は、上位シードのため1回戦は免除で2回戦からの登場となった。

初戦となる2回戦は同世代のS・ジョンソン(アメリカ)と対戦。第1・第2セットともに1度ずつブレークに成功し、最終ゲームではダブルフォルトなどのミスを犯した錦織だが、4度目のマッチポイントをものにしてジョンソンに勝利。

《錦織 今季初単は白星スタート》

準々決勝ではB・トミック(オーストラリア)と対戦し、第1セットは終始主導権を握り、コートの中に入って早い展開で積極的に攻め、このセットを20分で先取。第2セットではトミックが調子を少し上げてくるも、安定したプレーでトミックを退け、同大会3年連続のベスト4進出を決めた。

《錦織 3年連続4強》

大会初の決勝進出をかけて錦織は、準決勝で第3シードのM・ラオニチ(カナダ)と対戦。第1セットで錦織のアンフォーストエラー(凡ミス)はわずか2本。積極的にネットプレーを見せ、ファーストサービスでもラオニチを圧倒した。しかし、終始ラオニチのサービスゲームを崩すことが出来ず、3セットともタイブレークと最後までどちらが勝利するか分からない展開となった。

第1セットのタイブレークは先にラオニチがミスを犯し、錦織が先取。しかし、第2セットのタイブレークでは錦織がダブルフォルトという痛恨のミスを犯す。第3セットでも錦織が先にフォアハンドをアウトしミニブレークを許し、最後はラオニチにリターンエースを決められ、2時間33分に及ぶ大接戦をものに出来なかった。

《錦織 善戦するもラオニチに惜敗》

ダブルスではA・ドルゴポロフ(ウクライナ)と初めてペアを組んで出場。第2シードのR・ボパンナ(インド)/ D・ネスター(カナダ)組、C・グシオネ(オーストラリア))/ L・ヒューイット(オーストラリア)組、主催者推薦枠で出場のG・ディミトロフ(ブルガリア)/ T・コキナキス(オーストラリア)組を下す活躍を見せ、ATPツアー初のダブルスで決勝進出を決めた。

しかし、決勝ではJ・マレー(英国)/ J・ピアース(オーストラリア)組に1歩及ばず、大会初でATPツアー初のダブルス優勝とはならなかった。

《錦織組 初優勝ならず》

大会初の決勝、ダブルスでは初優勝とはならなかったものの、シングルスでは1度もブレークを許さず、ファーストサービスが入った確率は3試合平均で約7割、スピードにおいては200kmを超えるサービスと、2015シーズンから新ラケットを使用してさらに進化した部分を見せた錦織。

今大会後は13日から行われるエキシビションのクーヨン・クラシック、そして今季最初のグランドスラムである19日からの全豪オープンに臨む。


■関連ニュース■
・錦織「まだあと数年は必要」
・錦織 新ラケットで初V狙う
・錦織が求めるラケットとは


■最新ニュース■
・世界2位フェデラーが今季初V
・全米覇者チリッチ 全豪欠場
・フェレール 今季初の優勝飾る


■最新動画■
・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月11日23時54分)
  • コメント -

    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!