- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織組 第1シード撃破で4強

男子テニスツアーのシーズン開幕戦であるブリスベン国際男子(オーストラリア/ブリスベン、ハード)は6日、ダブルス準々決勝が行われ、錦織圭(日本)/ G・ディミトロフ(ブルガリア)組が第1シードのPH・エルベール(フランス)/ N・マウー(フランス)組を4-6, 6-1, 10-7の逆転で破り、ベスト4進出を果たした。

>>ブリスベン国際男子 ダブルス対戦表<<

この試合、錦織/ ディミトロフ組は第1セットで1度もブレークチャンスを掴めずに落とす。しかし、第2セットではエルベール/ マウー組にブレークチャンスを与えず、2度のブレークに成功してセットカウント1−1とする。

その後の10ポイントタイブレークでは、どちらも譲らない接戦を繰り広げるが錦織/ ディミトロフ組が先にミニブレークに成功し、勢いを緩めずに勝利を手にした。

最後、錦織のスマッシュが決まった瞬間、ディミトロフは両手を上げて喜びを表現し、錦織に歩み寄りお互いを称え合っていた。

準決勝では、同日の準々決勝で第3シードのL・クボット(ポーランド)/ M・マトコウスキー(ポーランド)組を下した主催者推薦で出場のJ・ダックワース(オーストラリア)/ C・グシオネ(オーストラリア)組を対戦する。

錦織/ ディミトロフ組は今大会1回戦でL・ドロウィー(チェコ共和国)/ D・ティエム(オーストリア)組を7-6 (7-5), 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

錦織とディミトロフは2013年の同大会ダブルスにペアで出場しており、その時はベスト4進出を果たした。また、錦織は昨年の同大会でA・ドルゴポロフ(ウクライナ)と組んでダブルスでATPツアー初の決勝へ進出している。

錦織は同日のシングルス2回戦にも登場し、世界65位のM・ククシュキン(カザフスタン)を6-3, 6-4のストレートで下して8強入りを決めた。ディミトロフも初戦突破を果たし、2回戦へ駒を進めている。




■関連ニュース■ 

・錦織 緊張から巻き返し8強
・錦織 昨年と同カードの可能性
・錦織組 準々決勝は第1シード
(2016年1月6日16時37分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!