- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「厳しい戦い」制し決勝進出

パブリュチェンコワ
会見時のパブリュチェンコワ
画像提供: tennis365.net
女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2017(東京/有明コロシアム、ハード、プレミア)は23日、シングルス準決勝が行われ、ノーシードで大会初の決勝進出を果たした世界ランク23位のA・パブリュチェンコワ(ロシア)は、試合後の会見で「今日は間違いなく厳しい戦いだった」と、振り返った。

>>東レPPO 対戦表<<

「ケルバー選手は元世界ランク1位の選手。素晴らしいファイターと戦うのは精神的に強くいなければいけない戦いだった。なんとか精神面を強く持てて、最終的には逆転して勝てて良かったと思う。」

準決勝、第7シードのA・ケルバー(ドイツ)と対戦したパブリュチェンコワは、第1セットで1ゲームも与えない試合を展開し第1セットを先取。しかし、続く第2セットをタイブレークの末に落とすと、ファイナルセットではゲームカウント0−3まで追い込まれた。

しかし、「私も怯んではいけない、自分にはまだまだチャンスがあると言い聞かせた」と会見で語ったパブリュチェンコワは、第4ゲームから5ゲームを連取する猛攻を見せ、6-0, 6-7 (4-7), 6-4のフルセットで勝利を手にした。試合時間は2時間8分。

「常に最後まで諦めずに戦い抜くことを心掛けている。試合が終わってしまうと思うような状況であったとしても、そこから立ち直っていけるように。第3セットでケルバー選手がリードしていても、少し気持ちを楽に持つことでミスを少なく戦うことが出来た。それからは上手く自分のリズムを見つけられ、またリラックスして戦うことが出来たので最後勝利に繋げられたと思う。」

ここまで、今大会はC・ベリス(アメリカ)、2回戦でワン・チャン(中国)、準々決勝でB・ストリツォワ(チェコ共和国)にいずれもフルセットの厳しい試合を勝ち進んできているパブリュチェンコワは「この大会は非常に厳しいと思っている。タフな試合が続いているし、予選の試合を見てもそう感じる」とコメント。

続けて「出来ればもうちょっと早く試合が終えられれば良かったが、勝利は勝利として受け止めようと思う。勝てたことは嬉しく思っているので、明日へ出来るだけ良い準備をして、良いテニスが出来るように臨んでいきたい」と決勝へ意気込みを語ったパブリュチェンコワは、優勝をかけて昨年覇者で第3シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。






■関連ニュース■ 

・ケルバー 勝利へ「少し」届かず
・ケルバー 後半反撃も力尽きる
・プリスコバ「僅かな差だった」
(2017年9月23日17時34分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!