- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ドーピング違反 出場停止処分

国際テニス連盟のITFは4日に公式サイトで、反ドーピング・プログラムのルールに違反した元世界ランク21位のT・ベルッチ(ブラジル)に5カ月の出場停止処分を下すと発表した。

30歳のベルッチに科された処分は、2017年9月1日にさかのぼる。

昨年7月にベルッチはスキースター・スウェディッシュ・オープン(スウェーデン/バスタッド、レッドクレー、ATP250)へエントリーするため、2017年1月18日にドーピング検査を受けた時の尿サンプルを提出した。

そのサンプルはカナダのモントリオールにある世界反ドーピング機構(WADA)の研究所で分析された結果、ヒドロクロロチアジドとクロラミノフェナミドが検出された。ヒドロクロロチアジドは2017年にWADAが出した禁止薬物のリストに記載されている物質で、反ドーピング・プログラムでも使用を禁止されているものだった。

2017年9月18日にベルッチは、反ドーピング・プログラムのルールに違反していると訴えられていた。ベルッチはすぐにその違反を認めたが、公式戦への出場を自粛する自発的な暫定処分を拒否。そのため、ベルッチの事案に対する正式な処分が決定するまでは自由に試合へ出場することが可能だった。

ヒドロクロロチアジドがどのように体内へ入ったのか、意図的な過ちやルールを違反するような過失はないと、ベルッチからの弁明は受け入れられた。

反ドーピング・ルールを違反したケースは、ベルッチが初だった。内容は以下の通り。

(1)ベルッチは反ドーピング・プログラムのルール違反を犯した。
(2)ベルッチは5カ月の出場停止処分を遂行しなければならない。
(3)処分は2017年9月1日から、2018年1月31日までとする。規定により、スキースター・スウェディッシュ・オープンで獲得した賞金とポイントは全て没収。






■関連ニュース

・錦織破り金星ベルッチが喜び
・錦織やマレー 昨年離脱組苦しむ
・錦織 1・2月の出場予定大会

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月5日11時27分)

オススメ記事
その他のニュース

4月5日

シャラポワ 電話番号を公開 (20時44分)

新星ルード、プロへの経緯語る (20時40分)

全米女王 被害縮小へ呼びかけ (17時35分)

全米OP会場が病院の準備へ (11時40分)

錦織「明るい未来待ってる」 (10時06分)

4月4日

第2子妊娠を発表「うれしい」 (17時35分)

自国の人々へ食料を配給 (15時37分)

マレーの現状をコーチ明かす (12時24分)

ナダルがジョコビッチへ感謝 (11時12分)

4月3日

YouTube 守屋の愛用TFラケットとは (18時19分)

ダニエル太郎への質問を募集 (18時18分)

デビスカップ 数試合が延期へ (18時05分)

ナダル「幸せは記録ではない」 (17時06分)

故郷へ食料普及の手助け (15時55分)

【ダイアデム】「本物か偽物か、ダイアデム誕生」 (14時08分)

ナダル「今日から変わる」 (11時51分)

ディミトロフ 故郷病院に寄付 (11時13分)

フェデラー 動画で思い伝える (10時27分)

4月2日

チチパス「成長する機会だ」 (16時59分)

セリーナ「とてもショック」 (13時50分)

元王者がフェデラーへコメント (13時36分)

JTA主催ジュニア大会が中止に (12時37分)

全米OPは「予定通り開催」 (11時10分)

フェデラーWB「待ちきれない」 (11時07分)

男女ツアー 7/13まで延期に (9時40分)

ウィンブルドンが中止を発表 (0時18分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!