- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 復帰戦の会場に到着

男子テニスで世界ランク24位の錦織圭は17日、自身のインスタグラムを更新し、下部大会 ニューポート・ビーチ・チャレンジャー(アメリカ/ニューポートビーチ、ハード、ATPチャレンジャー)の会場で練習している写真を投稿した。

>>全豪OP 男子対戦表<<

現在行われている全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を欠場した錦織は、けがの状況について「5セットマッチを戦うための100パーセントの準備がまだできていない」と自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」で明かしていた。

錦織にとって今大会は、昨年のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)以来 約5カ月ぶりの復帰戦となる。日本勢では錦織の他に伊藤竜馬がエントリーしている。

28歳の錦織は翌週のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、ハード、ATP チャレンジャー)にも出場することが決まっている。

ニューポート・ビーチ・チャレンジャーのエントリーリストは以下の通り。

F・ティアフォー(アメリカ)
V・エストレージャ=ブルゴス(ドミニカ共和国)
T・サングレン(アメリカ)
T・フリッツ(アメリカ)
B・フラタンジェロ(アメリカ)
・C・ノリー
・A・バブリク
・Y・ハンフマン
E・エスコベド(アメリカ)
H ・ラクソネン(スイス)
T・スミチェク(アメリカ)
・S・トラバグリア
P・ポランスキー(カナダ)
・伊藤竜馬
S・コズロフ(アメリカ)
D・キング(バルバドス)
D・クドラ(アメリカ)
・M ・モウ
M・マクドナルド(アメリカ)
M・バッヒンガー(ドイツ)
・F・ペリオ
M・アレバロ(エルサルバドル)
・M・クルーガー
G・アンドレオシ(アルゼンチン)






■関連ニュース

・錦織やマレー 昨年離脱組苦しむ
・錦織 トップ5で唯一勝率上回る
・錦織欠場「準備できていない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月18日10時13分)

オススメ記事
その他のニュース

4月10日

ATPとWTA共同の企画が始動 (18時47分)

マレー夫妻 100回ボレーに挑戦 (17時08分)

高校選抜のTシャツが販売開始 (15時55分)

【ヨネックス】「完成度の高さが売りのVコアプロ100 JP※Vコアプロシリーズインプレッション」 (13時59分)

ゲーム大会 マレーら参戦決定 (12時04分)

フェデラーナレーターの映像公開 (10時28分)

4月9日

YouTube 守屋の几帳面ラケバ公開 (21時00分)

歴史的ライバル関係を特集 (18時46分)

オンラインでストレッチ提供 (17時34分)

ジョコ フェデラー動画へ反応 (16時13分)

ナダル 全仏決勝ウエアを出品 (12時36分)

全米OP会場 臨時病院を拡大 (11時06分)

マイク 第1子誕生予定を発表 (11時03分)

4月8日

フェデラーとナダルの初対戦 (17時44分)

テニス自主練選手権を開催 (16時24分)

シャポバロフ 感謝の動画を投稿 (15時21分)

元世界3位がファンと質疑応答 (15時20分)

最終試合の延期で「残念」 (15時15分)

ナダル 子どもたちへエール (11時17分)

フェデラー 壁ボレー動画公開 (9時44分)

4月7日

18歳シナ− 約150万円寄付へ (18時15分)

マドリッドOP ゲーム大会開催 (16時54分)

ハレプ 足のけが現状明かす (15時22分)

ナダル、アカデミー生徒と電話 (12時13分)

元複3位が大会中止で引退 (10時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!