- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織を称賛「ファイター」

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は9日、男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク138位のE・ガルビス(ラトビア)は第24シードの錦織圭に6-4, 6-7 (5-7), 6-7 (10-12), 1-6の逆転で敗れ、大会初のベスト8進出とはならなかった。

>>錦織vsジョコ 1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

元世界ランク10位のガルビスは今大会の予選を突破すると、1回戦で地元のJ・クラーク(英国)、2回戦で第27シードのD・ズムル(ボスニア)、3回戦で第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)をそれぞれフルセットで破り、大会初の16強入りを決めた。

迎えた錦織との4回戦は第1セットを先取する好スタートを切った。しかし第2セットを落とすと、第3セットのタイブレークでは芝に足を滑らせて左膝を負傷し、試合は一時中断。再開後はセットポイントを握るもセットカウント1−2とすると失速し、3時間28分で力尽きた。

試合後の会見では「少し靱帯を負傷したから、ドクターに診てもらう。あまりよくはない。回復が必要だと思う。きっと2・3週間だろう」と、けがの状況を明かした。

ガルビスは途中棄権も考えたと話した。

「トレーナーからは悪化させないようにしなければいけないと言われた。だからテープを巻いた。テーピングをしたから少し安心した。棄権は避けたかった」

第2セットを落としたことについては「第2セットは取るべきだった。リターンで、もっと攻撃的なプレーをすべきだった。それができていなかった」と悔やんだ。

試合中、右腕のマッサージを受けるなどしていた錦織については「彼(錦織)の肘がどうだったかは分からなかった。痛みがなくなったかどうか分からないけど、彼は何とか戦い抜いていた。もし第2セットの序盤でブレークできていたら、試合は違う結果になっていたかもしれない。彼も棄権を考えていたはず」と述べた。

「彼が苦しんでいると見えたし、第2セットの彼のサービスはあまりよくなかった。それでブレークしなければという余計なプレッシャーにもなっていた。彼は素晴らしいファイター。今日はそれを証明していた」

予選から6試合連続で勝利したガルビスは「最高だった。今はこうしてけがをしてしまったことに落胆している。練習を続け、今後もクレーの大会に出ようとしていた。今はそれが危険。ドクターに診てもらい、1番早い回復の方法を探す必要がある」とコメント。

「世界3位の選手(ズベレフ)にも勝利した。そんな選手も倒せると証明できた。それはいいことだった」

一方、ウィンブルドン初のベスト8進出を果たし、日本人男子で1995年に8強入りした松岡修造以来23年ぶりの快挙を成し遂げた錦織は、準々決勝で第12シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは4回戦で世界ランク40位のK・カチャノフをストレートで下しての勝ち上がり。

ウィンブルドンテニスをWOWOWにて連日生中継。
外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【配信予定】
2018年7月2日(月)〜7月15日(日)

■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・「パニック」錦織に敗れる
・ジョコビッチ あわや失格処分
・怒りジョコ 観客の咳や口笛

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月10日14時59分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!