- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

涙のデルポ、ジョコを称賛

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会最終日の9日、男子シングルス決勝が行われ、第3シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)は第6シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6, 6-7 (4-7), 3-6のストレートで敗れ、2009年以来9年ぶり2度目の優勝とはならなかった。

決勝戦、デル=ポトロは第1セットを落とすと、第2セットもジョコビッチにリードを許す苦しい展開に追い込まれる。第6ゲームではブレークバックに成功してタイブレークへ持ち込むも、2セットダウンの崖っぷちに。

第3セットも流れはジョコビッチ傾き、2度のブレークを許したデル=ポトロは3時間16分で力尽きた。

デル=ポトロはジョコビッチと握手を交わした後、ベンチで涙を流した。

会見で「さっきまで泣いていた。今日は敗者になって、とても悲しかった」と述べたデル=ポトロは「ノヴァーク(ジョコビッチ)はトロフィーを掲げるに値する。最高の試合をし、とても賢いプレーをしていた。第2・第3セットは自分にもチャンスがあった。限界まで戦い、ウィナーを狙った。そして、ノヴァークはいつもどこにでもいて、それをすることができなかった。彼は最高のチャンピオン」と称えた。

「全てを楽しんだ。最悪なことは、チャンスを活かすことができなかった。でも友人がトロフィーを掲げているのを見たら、それも素晴らしかった。ノヴァークがチャンピオンでうれしい。また来年、この大好きな大会で再びトロフィーを獲得できるように戻ってきたい」

ジョコビッチは今回の優勝でP・サンプラス(アメリカ)に並ぶ歴代3位タイの四大大会14勝目をあげた。20勝のR・フェデラー(スイス)と17勝のR・ナダル(スペイン)の記録をジョコビッチは超えるかと問われたデル=ポトロは「もちらん、彼ならできるだろう」と口にした。

「1年間で2度のグランドスラム優勝。彼は健康。そして素晴らしいチームも彼をサポートしている。彼やラファ、ロジャーもこれからグランドスラムで戦ってほしい。僕らも彼等に対してできることをするまで。でもノヴァークはテニスというスポーツの歴史を塗り替えるための全てを持っている」

「花キューピットジャパンウイメンズオープンテニス」をWOWOWにて連日生中継!(※9月16日(日)除く)
世界で戦う女子選手たちの華やかなプレーに注目!

【放送予定】
9月10日(月)〜9月16日(日) [第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織は「大きな子ども」と大坂
・錦織との不平等にジョコ不満
・「パニック」錦織に敗れる

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月10日19時01分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!