- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ14勝目「大きな意味」

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会最終日の9日、男子シングルス決勝が行われ、第6シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を6-3, 7-6 (7-4), 6-3のストレートで破り、2015年以来3年ぶり3度目の優勝を果たした。

>>全米OP対戦表<<

>>全米OP対戦表<<

決勝戦、ジョコビッチはデル=ポトロの強打を振り切り3時間16分で勝利。優勝が決まった瞬間はコート上で大の字になり喜びを爆発させ、P・サンプラス(アメリカ)に並ぶ歴代3位タイの四大大会14勝目をかみしめた。さらに10日に発表された世界ランキングでは3位へ浮上した。

「ピート・サンプラスは、テニスをする上で最大のレジェンドの1人。彼は子どもの頃のアイドルだった。とても尊敬している。初めて彼のテニスを見たのは、彼の最初か2度目のウィンブルドン優勝だった。あれに影響されてテニスを始めた」

「彼と肩を並べられたのは大きな意味がある。それを考えると本当に信じられない。ウィンブルドンで彼の優勝を見て、ある日自分も彼がしたことができると思いながらテニスをして育った」

四大大会歴代最多20勝のR・フェデラー(スイス)と17勝のR・ナダル(スペイン)との関係については「彼等が大好きだし、ライバル関係や彼等との試合が今の自分を作ってくれている。彼等が成し遂げたことに最大の敬意を持っているけど、コート外でお手本となっていることにも尊敬している。対戦するたびに限界まで引き出させてくれる。自分にとってナダルやフェデラーとの対戦は、いつも最大のチャレンジ」と語った。

「花キューピットジャパンウイメンズオープンテニス」をWOWOWにて連日生中継!(※9月16日(日)除く)
世界で戦う女子選手たちの華やかなプレーに注目!

【放送予定】
9月10日(月)〜9月16日(日) [第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・セリーナ、ジョコ発言を批判
・「理解できない」とセリーナ
・ブーイングの大坂、会見でも涙

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月10日22時41分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!