国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「8カ月前は不可能だった」

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は30日、ダブルス決勝が行われ、第3シードのB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組がW・コールホフ(オランダ)/ S・チチパス(ギリシャ)組を7-5, 7-6 (10-8)のストレートで破り、2連覇を果たした。

>>フェデラーvsイズナー 1ポイント速報<<

決勝戦、ブライアン兄弟はコールホフ/ チチパス組に握られた4本のセットポイントをしのぎ、マイアミ・オープンで6度目の優勝を飾った。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはマイクのコメントが掲載されており「ボブは長い間ソファーで過ごした。また強くなって戻ってきた。地元のマイアミで友人や家族に見守られながらの優勝は夢のよう。この大会は僕らにとって特別だし、連覇したことは最高」と語った。

これでブライアン兄弟は四大大会に次ぐ「ATPマスターズ1000」で39度目の優勝、118度目のツアー制覇となった。

ボブは昨年8月に股関節の再手術を受け、今年の1月に復帰していた。今年2月に行われたデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)でボブは復帰後初の優勝を飾っていた。

「8カ月前にドクターからメスを入れられ、またコートに立てるかはわからなかった。今回の優勝は夢のようで、8カ月前は不可能なことだった。僕らにとって、この優勝はすごく大きい」とボブは自身の思いを述べた。

ブライアン兄弟は今大会の準決勝で、第1シードのL・クボット(ポーランド)/ M・メロ(ブラジル)組に4本のマッチポイントを握られたが、7-6 (9-7), 6-7 (8-10), [14-12]のフルセットで勝利していた。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 マイアミ」
WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

【配信予定】3/19〜3/31

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂、世界ランク1位キープ
・錦織らモンテカルロ出場一覧
・錦織7位 18日付最終戦ランク

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年3月31日19時05分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!