- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー「最高」セリーナを称賛

アンディ・マレー、セリーナ・ウィリアムズ
(左から)セリーナとマレー
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は6日、混合ダブルス1回戦が行われ、A・マレー(イギリス)/ S・ウィリアムズ(アメリカ)組がA・ミエス(ドイツ)/ A・グアラチ(チリ)組を6-4, 6-1のストレートで破り、初戦突破を果たした。

>>錦織vsモンテイロ 1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

この試合、マレーとセリーナのシングルス元世界ランク1位ペアはファーストサービスが入った時に81パーセントの高い確率でポイントを獲得。相手ペアにブレークを許すことなく、1時間16分で勝利した。

試合後の記者会見で両者がコメントを残している。

セリーナは「お互いにここでは良いプレーをするためにいるけれど、同時に楽しんでもいた」と話した。

マレーは「試合が終盤へ向かうにつれて、試合をコントロールするようになると、リラックスして楽しむことがより簡単になった。第1セットではかなり真剣に勝ちに行っていた。何度も何度もチャンスがあったけど、それをいかせなかった。自分にとっては、とてもタフな一年間を過ごして、セリーナと共にセンターコートへ戻ってこれたことは、素晴らしい経験。最高だったし、楽しめた」と語った。

続けてセリーナから何か得られることはあったか、と記者に質問されると「自分的には最も印象に残ったのはサービスだったと思う。サービスでフリー・ポイントが何度もあった。それは女子のサービスではあまりないこと。ミックスダブルスでは、そのお陰で自分がネットでより簡単にいられた。もう1つ印象的だったのは、多くの成功を収めたセリーナがこんなに長い間現役を続け、昼にシングルスを戦って勝ったあとに午後8時くらいからまたコートに立って闘争心を燃やして勝とうとしていたこと。本当に素晴らしい」と称賛した。

また、同日行われた男子ダブルス2回戦ではマレー/ PH・エルベール(フランス)組は第6シードのN・メクティッチ(クロアチア)/ F・シュクゴール(クロアチア)組に逆転で敗れていたが、女子シングルス3回戦に臨んだ第11シードのセリーナは第18シードのJ・ゲルゲス(ドイツ)をストレートで下して16強入りした。

マレー/ セリーナ組は2回戦で、第14シードのF・マルティン(フランス)/ R・アタウ(アメリカ)と対戦する。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】
7月1日(月)〜14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 アンダーサーブやるかも
・錦織16強「サーブ謎にいい」
・錦織「嫌な相手」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年7月7日13時57分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!